2018年04月10日

白斑

最近は気温の変化が激しく、体調管理が難しいですね。

白斑で通院されている患者さまは比較的多いのですが、当院に来られるまで、治療ができないとあきらめていたという方も割と多くいらっしゃいます。

10数年前までは、たしかに治療が難しく、植皮などを行っていることもある時代でしたが、
ナローバンドUVBやエキシマライトの登場で、本当に格段と治療効果が上がりましたexclamation

ただし、白斑も長年放置しているものはなかなか難しいので、なるべく早期に治療開始することをおすすめします。

特に治りやすいのが、心臓に近い部位(胸や顔など)です!
また、小さい範囲ですと、エキシマライトでの治療が可能ですので、もしも、白斑でお悩みの方がいらっしゃったら、早めの治療をとお伝えしてほしいとおもいます。

根気が必要ですが、もっと早く治療に通えばよかったという声をよく聞きますのでわーい(嬉しい顔)
続きを読む
posted by aoi at 12:40| 日記

2018年03月16日

さくら咲く

今日は雨で湿度が高い一日でしたね。
昨日は夏のように暑く、毎日の温度変化に体がついていけないと本当に思うようになったのですが、これから先は、体力との勝負だなと思います。

さて、私事ですが、中3の娘が今年の春から高校生になります。
一昨日が公立高校の合格発表でしたが、どきどきの時間を過ごし、何とか私の母校へ入学できましたぴかぴか(新しい)
自分の卒業した高校へ娘が入学するのはとても不思議な感覚ですね。

これから楽しい?高校生活を送ってくれたらと思いますが、一番忙しい時期がくるので、いろいろと親としてもサポートできることはしてあげなきゃと思います。

この春、進学や就職でいろんな思いで過ごされる方が多いと思うのですが、やはり、すべてをリセットして、前向きに、がんばってほしいなと思います手(グー)
posted by aoi at 18:26| 日記

2018年02月22日

AGAの遠隔診療・お薬発送

少しずつあたたかくなって、このまま春を迎えられたら良いなと思う、今日この頃です。

さて、前回、AGAの診療について、ブログに書いたのですが、体制が整いましたので、こちらでご報告でするんるん

まず、今まで、半年に一度は診察をおねがいしていましたが、遠隔診療といって、当院ではスカイプでビデオ通話で診療可能としました。そのため、事前に予約とご本人のスカイプIDを教えていただくことが必要です。
時間帯は、予約システムのほうに出ますが、電話でお問い合わせしていただければ、ほかの時間帯も相談に応じます。メールでご連絡希望の方はこちらへ→aoi-kagoshima@excite.co.jp

料金のお支払は、代引きか、振り込み後の発送になりますが、いつもの料金+発送料金(九州中国四国関西地方は1,080円)+代引き手数料(1万円までは324円、3万円までは432円、10万円までは648円)となります。夏場はクール便+300円かかります。

振込先ですが、□鹿児島銀行 鴨池支店(かもいけしてん) 普通 3002969 
 医療法人あおい皮膚科クリニック

□楽天銀行 ワルツ支店 口座番号 5007840 
 アオイヒフカクリニック タニアキコ

になります。

ホームページ上のNEWSコーナーに書ききれないので、こちらでお知らせとなります。
よろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)





posted by aoi at 10:11| 皮膚疾患について

2018年02月14日

AGAの治療

今日は、暖かくなるという予報ですので、少し楽しみにしていましたが、まだ、そこまで暖かく感じないのは気のせいなのでしょうか?
早く春が来てほしいですねるんるん

AGAの治療で通院されている方に、現在アンケートを取らせていただいているのですが、
今、遠隔医療の解禁によって、テレビ電話再診の導入を検討しています。

すでに通いなれている方へのアンケートなので、テレビ電話再診が必要かということはあまり感じていないかたがほとんどですが、毎回、必ずしも診察が必要でない方も多いので(診察は半年に一度はしています)、お薬の郵送を希望している方も少なからずいらっしゃることが分かりました!
確かに、毎回取りに来る時間をさくのも、大変な方もいらっしゃると思います。

今回のアンケートで、いろんな方法で確実にAGAの治療を続行できるように、私たちも少しずつ努力していきたいと思います。
やはり、内服が中断すると治療の意味がなくなってしまいますのでふらふら

また、何か決まれば、ご案内いたします!
続きを読む
posted by aoi at 11:43| 日記

2018年01月18日

尋常性白斑

今週は暖かい日が続きますね。
来週初めからまたうんと気温が下がるようなので、風邪やインフルエンザに要注意です!
個人的なことですが、私の娘も受験生なので、毎日インフルエンザ情報にひやひやしていますふらふら

尋常性白斑といえば、一般に「白なまず」といわれ、恐れられている病気ですが、今の治療は進歩していて、紫外線治療で改善していく方が多くなっています。
つい十数年くらい前までは、ナローバンドUVBが登場するまでは、なかなか難しい疾患であったのは事実ですが。今は、エキシマライトといってさらに効果の高い紫外線も機械もあります。

紫外線治療がメインになりますが、11歳以上ならどなたでも受けることができます。
ただ、尋常性白斑の場合は、週に2回あるいは3回がおすすめの治療間隔なので、なかなか来院できず、時間がかかっているかたもたくさんいらっしゃいます。

初期症状は、もやっと白くいろがぬけてくるのですが、だんだんとはっきりしてきます。
年齢変化で小さい5ミリくらいまでの大きさの老人性白斑もありますが、その場合、大きくならず、治療する必要もないと思ってさしつかえありません。

当院は、紫外線治療の機械がナローバンドUVBの機械が2台、エキシマライトが1台、小型のナローバンドの機械が1台と取り揃えています。患者さまの患部の大きさに合わせて機械を選択しています。

治らない病気→治せる病気と思って、悩んでいた方はトライしてみてほしいです!
posted by aoi at 09:33| 皮膚疾患について

2018年01月09日

あけましておめでとうございます門松

門松あけましておめでとうございます


今年は、平成30年です!平成になったのは、私が高校3年生だったので、あれから29年、
ついに30年、感慨深いものがあります。
大学に入学したのも平成元年、私たちの学年は、がんにゅう(元年入学)と呼んでいました。

今年は、どんな年になるのでしょうか?心機一転、何かを志す方もいたり、特に大きな変化がない方も、健康を願ったり、やはり、新年の初めには、気持ちの変化が表れるのでしょうね。

あおい皮膚科クリニックも、昨年は10周年を迎えましたが、今年は、12年目に入ります。
これからも、皮膚疾患のお悩みを抱えた方が、少しでも明るい未来になれるように、お手伝いしていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by aoi at 10:34| 日記

2017年12月02日

にきび(尋常性ざ瘡)

昨日から寒くなりましたね 漢字だよ。寒 の絵文字

にきびの治療は、以前から多くの患者様がいらっしゃいますが、最近は、年齢層が幅広く、小学校3年生くらいから、50代まで以前より高年齢や低年齢でもにきびが発生する方が増えてきました。食生活の欧米化や、生活環境、ストレスなどいろいろな要因があると思われます。

にきびの治療には、当院では特に漢方薬に力を入れていますが、症状が改善してきたら、徐々に内服の量を減らしていって、外用薬のみでのコントロールができるようになるかたが多いです。
外用薬も、今は、アダパレンや過酸化ベンゾイルの治療で、くりかえすにきびを毛穴のつまりの改善から、ずいぶん改善する方が増えました。今は、その2種類の成分が入っている合剤の外用薬もあります 顔気持ち*゜ の絵文字

治療の選択肢がたくさんあれば、自分にあっているものを見つけ、改善することが多いと思います顔気持ち*゜ の絵文字

最近は、お薬がよくなったことにより減りましたが、ケミカルピーリングもやはり、にきび痕には自費にはなりますが、人気の施術です。

これから、大人の方は、お仕事が忙しかったり、年末年始のお付き合いでにきびが悪化しやすい時期になります。規則正しい生活をこころがけて、睡眠をしっかり取って、また、医療の力が必要であれば、しっかり治して、また、新しい年を迎えたいですねお正月だよ。初日の出 の画像

posted by aoi at 14:51| 皮膚疾患について

2017年11月14日

にきび痕(凹)の治療にe2( にきび痕(凹)にe2(eMatrix)治療を行っています

そろそろ冬の訪れというところなのでしょうが、まだ半袖で来院される方もいらっしゃり、鹿児島の気温がこの時期まだ穏やかであることがよくわかりますきらきら の絵文字
ただ、明日から冷えるという予報なので、風邪に気を付けたいですねクリスマス の絵文字

さて、にきびでお悩みの方は多いのですが、にきびの痕が残ってしまう方もいらっしゃいます。
特に深刻に悩む方が多いのが凹みですね。これは、女性の場合、メイクをしても完全に隠し切れなく、
本当に深刻です 顔だよ。泣く の絵文字

そういう方は、フラクセルの治療を受けたことがなければ、一度お試しになることをおすすめします。
フラクセルというのは、線上に細くレーザーや高周波などをお肌にあてる施術です。そのため、表面よりは中に浸透するので、中の真皮というコラーゲンを作っている組織に働きかけ、皮膚の再生を促します。

施術直後は赤みが出ますが、徐々に引いてきて、わかりやすく表現すると、にきび痕が消しゴムで消したように薄くなっていきます。複数回の施術がおすすめですが、中程度のにきび痕の方で、3〜4回くらい施術を受けることが多いです。

また、にきび痕に悩む方を応援したく、キャンペーン実地中です!1回目料金を2回目料金で10%OFFにしています。どうぞ、気になる方は、ご相談にいらっしゃってくださいハート の画像
posted by aoi at 12:58| 皮膚疾患について

2017年11月04日

漢方薬

昨日は、おはら祭でしたが、雨も降って、大変でしたね・・・たらーっ(汗)

さて、当院では、漢方薬を処方することが多くあります。

漢方といっても、いろいろと作用があるので、実際に効能効果に書いてあるもの以外にも効果がでることがあるんです・・・。難しい説明にはなりますが、漢方薬は、生薬の配合なので、一つ一つの生薬の組み合わせで、関節痛にも皮膚炎にも効くものがあり、また、風邪のひきはじめにも使われる葛根湯などは、ほかに、肩こりや蕁麻疹にも適応があります。
すぐに効かないイメージはありますが、急な疾患の場合は、意外に効果が早くでるものもありますし、慢性の病気の場合も、徐々に改善することも多々です。

にきびやアトピー性皮膚炎、乾癬などは慢性の炎症をくりかえす病気ですが、漢方の得意な領域のひとつです。

ただし、漢方薬だけに頼ってしまえるかというわけではなく、西洋のお薬も併用して、うまくミックス治療で回復をめざしていきます。

興味があるかたは、診察の時にお声かけくださいハート の絵文字

posted by aoi at 16:48| 皮膚疾患について

2017年10月31日

ヒルドイド

寒くなってきましたね゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像

最近、新聞やテレビでも取り上げられているのですが、マルホのヒルドイドソフトやヒルドイドローションを、
美容目的で医師に処方されたものを使っている女性がいるので、保険適応を見直そうという動きがあることを見ますね。

数年前から、モデルの方でアトピー性皮膚炎があり、保湿剤としてもらったお薬をネットでブログなどに取り上げてお肌がつるつるになると書いたりすることで、一般の方も、お子さんのアトピーの診療でもらったヒルドイドソフトを使ってみたりして徐々に広まったようです。
ネット社会がおこした現象ですね。実際はそこまで美容効果はないと思います。
場合によっては、にきびが悪化することもあります。実際に、にきびのお薬で乾燥する副作用があるのですが、その予防で塗っているかたがいらっしゃって、今度はまたにきびが増えてきたという方も多いです。
当院では、にきびのお薬の副作用の場合、乳液やクリーム状でなく、ローションのタイプの保湿剤や化粧水をおすすめしています。

当院は、以前から、すでに、マルホの営業のかたからそのようなお話をいただいていたので、女性の方で何人か、そういうご希望のかたがいらっしゃいましたが、すべてお断りしていました。

ただ、皮膚科医でないお医者さんの場合、判断がつかずに処方しているケースも多いようですね。

今、市販品でも、ヘパリン類似物質の配合されている商品があるので、保険をつかわずにも購入できますので、本当に必要なアトピー性皮膚炎のかたや、お年寄りの乾皮症などの方が使えるように、このようなブームが保険診療に影響されないことを祈っています


posted by aoi at 11:49| 皮膚疾患について