2017年07月25日

ケミカルピーリング

今日も暑い一日でしたね晴れ

昨日、今日と、娘の中学のソフトテニスの県総体を見に、お昼休みに出かけたのですが、
暑くて汗がたくさんでましたあせあせ(飛び散る汗)
でも、ちょうど、よい具合に試合が見れて、ラッキーでした手(チョキ)

さて、毎年、夏になると、にきびが悪化しやすいので、にきびの治療の方が多くいらっしゃるのですが、
にきびが治ると、気になるのは、にきびのあとの赤み・・・。
早い方では半年もすると薄くなるのですが、長いと2〜3年くらい持続します。
そのため、少しでも早く改善したい方には、サリチル酸のピーリングが一番です!
もともと、サリチル酸は消炎効果があるので、赤みをひかせつつ、皮膚の再生を促してくれるので、
2週間おきに6回〜10回ほど行うと、赤みはひいてくることがほとんどです。

また、お肌のごつごつ感が気になる方やしみが気になる方は、今の時期は、乳酸のピーリングがおすすめです!1か月おきにピーリングを行うと、いつまでも若々しいもちもちしたお肌を保てるといわれます。
乳酸には美白効果もあるので、うれしいですね揺れるハート

気になる方は、診察時にご相談くださいわーい(嬉しい顔)
posted by aoi at 18:08| 皮膚疾患について

2017年07月03日

ダブリン7(全身型ナローバンドUVB)

雨が続いたと思ったら、急に暑さが厳しくなりましたね。
体調を崩しやすいですので、あまり冷たいものばかりをとらないように気を付けたいですね。

先週の木曜日の午後に、新しい紫外線治療器を導入しました。
今までも、半身タイプのなどーバンドUVBはあったのですが、全身に照射となると、分けて照射していたため、時間がかかり、患者さんの負担も大きく、大変でした。
白斑やアトピー性皮膚炎や乾癬など慢性の炎症性疾患に有効なのですが、広範囲に照射するには、大変でした。

今回、前面と後面に分けて2回で照射が完了する、ダブリン7を導入しました。
忙しい方、長く治療がかかるかたには、負担が減り、治療を続けやすくなりました。
せまい治療室なので、場所の確保にはやや苦労しましたが、また、これでひとつ、治療の選択肢が増え、
治りやすくなれば、幸いです( ^ω^ )
daavlin_7.png
posted by aoi at 18:06| 皮膚疾患について