2017年11月14日

にきび痕(凹)の治療にe2( にきび痕(凹)にe2(eMatrix)治療を行っています

そろそろ冬の訪れというところなのでしょうが、まだ半袖で来院される方もいらっしゃり、鹿児島の気温がこの時期まだ穏やかであることがよくわかりますきらきら の絵文字
ただ、明日から冷えるという予報なので、風邪に気を付けたいですねクリスマス の絵文字

さて、にきびでお悩みの方は多いのですが、にきびの痕が残ってしまう方もいらっしゃいます。
特に深刻に悩む方が多いのが凹みですね。これは、女性の場合、メイクをしても完全に隠し切れなく、
本当に深刻です 顔だよ。泣く の絵文字

そういう方は、フラクセルの治療を受けたことがなければ、一度お試しになることをおすすめします。
フラクセルというのは、線上に細くレーザーや高周波などをお肌にあてる施術です。そのため、表面よりは中に浸透するので、中の真皮というコラーゲンを作っている組織に働きかけ、皮膚の再生を促します。

施術直後は赤みが出ますが、徐々に引いてきて、わかりやすく表現すると、にきび痕が消しゴムで消したように薄くなっていきます。複数回の施術がおすすめですが、中程度のにきび痕の方で、3〜4回くらい施術を受けることが多いです。

また、にきび痕に悩む方を応援したく、キャンペーン実地中です!1回目料金を2回目料金で10%OFFにしています。どうぞ、気になる方は、ご相談にいらっしゃってくださいハート の画像
posted by aoi at 12:58| 皮膚疾患について

2017年11月04日

漢方薬

昨日は、おはら祭でしたが、雨も降って、大変でしたね・・・たらーっ(汗)

さて、当院では、漢方薬を処方することが多くあります。

漢方といっても、いろいろと作用があるので、実際に効能効果に書いてあるもの以外にも効果がでることがあるんです・・・。難しい説明にはなりますが、漢方薬は、生薬の配合なので、一つ一つの生薬の組み合わせで、関節痛にも皮膚炎にも効くものがあり、また、風邪のひきはじめにも使われる葛根湯などは、ほかに、肩こりや蕁麻疹にも適応があります。
すぐに効かないイメージはありますが、急な疾患の場合は、意外に効果が早くでるものもありますし、慢性の病気の場合も、徐々に改善することも多々です。

にきびやアトピー性皮膚炎、乾癬などは慢性の炎症をくりかえす病気ですが、漢方の得意な領域のひとつです。

ただし、漢方薬だけに頼ってしまえるかというわけではなく、西洋のお薬も併用して、うまくミックス治療で回復をめざしていきます。

興味があるかたは、診察の時にお声かけくださいハート の絵文字

posted by aoi at 16:48| 皮膚疾患について