2017年10月31日

ヒルドイド

寒くなってきましたね゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像

最近、新聞やテレビでも取り上げられているのですが、マルホのヒルドイドソフトやヒルドイドローションを、
美容目的で医師に処方されたものを使っている女性がいるので、保険適応を見直そうという動きがあることを見ますね。

数年前から、モデルの方でアトピー性皮膚炎があり、保湿剤としてもらったお薬をネットでブログなどに取り上げてお肌がつるつるになると書いたりすることで、一般の方も、お子さんのアトピーの診療でもらったヒルドイドソフトを使ってみたりして徐々に広まったようです。
ネット社会がおこした現象ですね。実際はそこまで美容効果はないと思います。
場合によっては、にきびが悪化することもあります。実際に、にきびのお薬で乾燥する副作用があるのですが、その予防で塗っているかたがいらっしゃって、今度はまたにきびが増えてきたという方も多いです。
当院では、にきびのお薬の副作用の場合、乳液やクリーム状でなく、ローションのタイプの保湿剤や化粧水をおすすめしています。

当院は、以前から、すでに、マルホの営業のかたからそのようなお話をいただいていたので、女性の方で何人か、そういうご希望のかたがいらっしゃいましたが、すべてお断りしていました。

ただ、皮膚科医でないお医者さんの場合、判断がつかずに処方しているケースも多いようですね。

今、市販品でも、ヘパリン類似物質の配合されている商品があるので、保険をつかわずにも購入できますので、本当に必要なアトピー性皮膚炎のかたや、お年寄りの乾皮症などの方が使えるように、このようなブームが保険診療に影響されないことを祈っています


posted by aoi at 11:49| 皮膚疾患について