2018年01月18日

尋常性白斑

今週は暖かい日が続きますね。
来週初めからまたうんと気温が下がるようなので、風邪やインフルエンザに要注意です!
個人的なことですが、私の娘も受験生なので、毎日インフルエンザ情報にひやひやしていますふらふら

尋常性白斑といえば、一般に「白なまず」といわれ、恐れられている病気ですが、今の治療は進歩していて、紫外線治療で改善していく方が多くなっています。
つい十数年くらい前までは、ナローバンドUVBが登場するまでは、なかなか難しい疾患であったのは事実ですが。今は、エキシマライトといってさらに効果の高い紫外線も機械もあります。

紫外線治療がメインになりますが、11歳以上ならどなたでも受けることができます。
ただ、尋常性白斑の場合は、週に2回あるいは3回がおすすめの治療間隔なので、なかなか来院できず、時間がかかっているかたもたくさんいらっしゃいます。

初期症状は、もやっと白くいろがぬけてくるのですが、だんだんとはっきりしてきます。
年齢変化で小さい5ミリくらいまでの大きさの老人性白斑もありますが、その場合、大きくならず、治療する必要もないと思ってさしつかえありません。

当院は、紫外線治療の機械がナローバンドUVBの機械が2台、エキシマライトが1台、小型のナローバンドの機械が1台と取り揃えています。患者さまの患部の大きさに合わせて機械を選択しています。

治らない病気→治せる病気と思って、悩んでいた方はトライしてみてほしいです!
posted by aoi at 09:33| 皮膚疾患について

2017年12月02日

にきび(尋常性ざ瘡)

昨日から寒くなりましたね 漢字だよ。寒 の絵文字

にきびの治療は、以前から多くの患者様がいらっしゃいますが、最近は、年齢層が幅広く、小学校3年生くらいから、50代まで以前より高年齢や低年齢でもにきびが発生する方が増えてきました。食生活の欧米化や、生活環境、ストレスなどいろいろな要因があると思われます。

にきびの治療には、当院では特に漢方薬に力を入れていますが、症状が改善してきたら、徐々に内服の量を減らしていって、外用薬のみでのコントロールができるようになるかたが多いです。
外用薬も、今は、アダパレンや過酸化ベンゾイルの治療で、くりかえすにきびを毛穴のつまりの改善から、ずいぶん改善する方が増えました。今は、その2種類の成分が入っている合剤の外用薬もあります 顔気持ち*゜ の絵文字

治療の選択肢がたくさんあれば、自分にあっているものを見つけ、改善することが多いと思います顔気持ち*゜ の絵文字

最近は、お薬がよくなったことにより減りましたが、ケミカルピーリングもやはり、にきび痕には自費にはなりますが、人気の施術です。

これから、大人の方は、お仕事が忙しかったり、年末年始のお付き合いでにきびが悪化しやすい時期になります。規則正しい生活をこころがけて、睡眠をしっかり取って、また、医療の力が必要であれば、しっかり治して、また、新しい年を迎えたいですねお正月だよ。初日の出 の画像

posted by aoi at 14:51| 皮膚疾患について

2017年11月14日

にきび痕(凹)の治療にe2( にきび痕(凹)にe2(eMatrix)治療を行っています

そろそろ冬の訪れというところなのでしょうが、まだ半袖で来院される方もいらっしゃり、鹿児島の気温がこの時期まだ穏やかであることがよくわかりますきらきら の絵文字
ただ、明日から冷えるという予報なので、風邪に気を付けたいですねクリスマス の絵文字

さて、にきびでお悩みの方は多いのですが、にきびの痕が残ってしまう方もいらっしゃいます。
特に深刻に悩む方が多いのが凹みですね。これは、女性の場合、メイクをしても完全に隠し切れなく、
本当に深刻です 顔だよ。泣く の絵文字

そういう方は、フラクセルの治療を受けたことがなければ、一度お試しになることをおすすめします。
フラクセルというのは、線上に細くレーザーや高周波などをお肌にあてる施術です。そのため、表面よりは中に浸透するので、中の真皮というコラーゲンを作っている組織に働きかけ、皮膚の再生を促します。

施術直後は赤みが出ますが、徐々に引いてきて、わかりやすく表現すると、にきび痕が消しゴムで消したように薄くなっていきます。複数回の施術がおすすめですが、中程度のにきび痕の方で、3〜4回くらい施術を受けることが多いです。

また、にきび痕に悩む方を応援したく、キャンペーン実地中です!1回目料金を2回目料金で10%OFFにしています。どうぞ、気になる方は、ご相談にいらっしゃってくださいハート の画像
posted by aoi at 12:58| 皮膚疾患について

2017年11月04日

漢方薬

昨日は、おはら祭でしたが、雨も降って、大変でしたね・・・たらーっ(汗)

さて、当院では、漢方薬を処方することが多くあります。

漢方といっても、いろいろと作用があるので、実際に効能効果に書いてあるもの以外にも効果がでることがあるんです・・・。難しい説明にはなりますが、漢方薬は、生薬の配合なので、一つ一つの生薬の組み合わせで、関節痛にも皮膚炎にも効くものがあり、また、風邪のひきはじめにも使われる葛根湯などは、ほかに、肩こりや蕁麻疹にも適応があります。
すぐに効かないイメージはありますが、急な疾患の場合は、意外に効果が早くでるものもありますし、慢性の病気の場合も、徐々に改善することも多々です。

にきびやアトピー性皮膚炎、乾癬などは慢性の炎症をくりかえす病気ですが、漢方の得意な領域のひとつです。

ただし、漢方薬だけに頼ってしまえるかというわけではなく、西洋のお薬も併用して、うまくミックス治療で回復をめざしていきます。

興味があるかたは、診察の時にお声かけくださいハート の絵文字

posted by aoi at 16:48| 皮膚疾患について

2017年10月31日

ヒルドイド

寒くなってきましたね゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像゜*天気/かわいい*゜ の画像

最近、新聞やテレビでも取り上げられているのですが、マルホのヒルドイドソフトやヒルドイドローションを、
美容目的で医師に処方されたものを使っている女性がいるので、保険適応を見直そうという動きがあることを見ますね。

数年前から、モデルの方でアトピー性皮膚炎があり、保湿剤としてもらったお薬をネットでブログなどに取り上げてお肌がつるつるになると書いたりすることで、一般の方も、お子さんのアトピーの診療でもらったヒルドイドソフトを使ってみたりして徐々に広まったようです。
ネット社会がおこした現象ですね。実際はそこまで美容効果はないと思います。
場合によっては、にきびが悪化することもあります。実際に、にきびのお薬で乾燥する副作用があるのですが、その予防で塗っているかたがいらっしゃって、今度はまたにきびが増えてきたという方も多いです。
当院では、にきびのお薬の副作用の場合、乳液やクリーム状でなく、ローションのタイプの保湿剤や化粧水をおすすめしています。

当院は、以前から、すでに、マルホの営業のかたからそのようなお話をいただいていたので、女性の方で何人か、そういうご希望のかたがいらっしゃいましたが、すべてお断りしていました。

ただ、皮膚科医でないお医者さんの場合、判断がつかずに処方しているケースも多いようですね。

今、市販品でも、ヘパリン類似物質の配合されている商品があるので、保険をつかわずにも購入できますので、本当に必要なアトピー性皮膚炎のかたや、お年寄りの乾皮症などの方が使えるように、このようなブームが保険診療に影響されないことを祈っています


posted by aoi at 11:49| 皮膚疾患について

2017年10月21日

女性のにきび

今日は、台風の影響か、風が強いですねダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

大人の女性のにきびの方は、最近は、比較的多いのですが、今年は夏の暑さがやってくるのが遅かったせいなのか、全体的には少なめでした。
ただ、繰り返しできるにきびに悩んでいる方は多いのは現状です。
最近のにきびの治療は、新しいお薬が、毛穴のつまりを改善する作用があるものが多く、そのため、
女性の肌の敏感な方の場合、ヒリヒリしたりして、肌に合わないことも多いですねふらふら

大人の女性の場合、ストレスや月経周期に関してにきびが悪化することが多いので、割と、漢方薬が合うことが多いです。漢方薬も女性に合うタイプは数種類ありますが、ピタッと合うものが見つかれば、びっくりするほど、治りがよくなります。血行が悪いことも多いので、体調も良くなって、一石二鳥ですね(^^)/

当院では、開院当初から、ビタミンCローションをスタッフが作っていますが、皮脂が多い時期には、併用するのはおすすめですハートたち(複数ハート)

たかがにきび、されどにきびですね!
痕が残らないように、早めのケアでストレスレスな日常を取り戻してほしいですわーい(嬉しい顔)
posted by aoi at 12:16| 皮膚疾患について

2017年10月17日

首のいぼ

やっと少し涼しくなってきましたわーい(嬉しい顔)
暑い夏を過ぎますと、いぼが増えた、大きくなったと来院する方が多いです。
紫外線の関係、体力的なもの、また、汗で広がったというのも考えられますexclamation

子供さんの場合、足や手にできるいぼ、それから、プールで感染する水いぼで来院される方が多いのですが、大人の場合、顔のこめかみや首のいぼで来院する方が多いです。
最近、CMや広告でヨクイニンというハト麦のお薬をサプリのように飲んでいぼを治しましょうというのをよく見るのですが、実は、大人のいぼにはほとんど効果がありませんあせあせ(飛び散る汗)
実際に、比較試験をしてみた先生がいらっしゃるのですが、大人の場合、いぼの数や大きさに変化がほとんどないというデータがでています。
ただ、以前に保険適応をとっている(効能効果が当時は認められた)ものなので、内服することには違法性はないので、また、ハト麦や美肌効果もあるので、何も意味がないというわけでもありません。ただ、いぼは取れないのです。
かろうじて、増えずにすむ可能性がありますので、当院でも内服しているかたもいらっしゃいます。もちろん、液体窒素の治療も併用している方ではありますが。

基本的には、液体窒素での処置を週に1度行いますが、顔や首の場合、炎症後色素沈着といって、しみが周りに起こることがあります。
この、炎症後色素沈着は、夏場のほうが濃くでやすいので、今の秋から冬の間に行うのをおすすめしています。今から、治療中も、襟があるお洋服などで隠しやすいですので、本当におすすめです。
来年の夏にはすっきりした首元ですごせますよね!

気になる方は、ぜひ、来院してくださいねわーい(嬉しい顔)

posted by aoi at 10:13| 皮膚疾患について

2017年10月14日

AGAの治療

急に暑くなったり、今日は、少し肌寒いくらいですが、急な温度変化で体調をくずしやすい時期ですね。

AGA(男性型脱毛症)の治療ですが、ザガーロが発売されて1年以上たち、ずいぶん、落ち着きました。
やはり、今まで、フィナステリドを内服されていた方は、ザガーロに切り替えようか、今まで通りでいこうか、
悩まれた方が多かったのですが、結果、ザガーロへ変更された方は、ほとんど、ザガーロで続けていらっしゃいます。副作用も頻度に差がないということで、満足されている方が多いです。

もちろん、以前からフィナステリド錠で十分満足されている方は、そのまま続けていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。いづれ、気になったらザガーロへ変更しようかな、と選択肢がまだあるという余裕もあるみたいです。

なかなか、自分から受診しようというのに勇気が必要だったという話を患者さんから聞きますが、実際に治療してみたら、早く受診すればよかった、というお話もよく聞きます。

迷っている方、ぜひ、受診してください。受付では、問診のときに、左端にAGAの問診もあります、と記載されていますので、これもお願いします、といっていただければ、大丈夫です(^^)/

posted by aoi at 10:32| 皮膚疾患について

2017年09月05日

アトピー性皮膚炎

今日は、午前中、雨が降っていましたが、午後から晴れましたね晴れ

アトピー性皮膚炎について、今日はブログを書きたいと思います。
芸能人の方では、木村文乃さんがSNSで告白し、堀北真紀さん、乳がんでお亡くなりになった小林麻央さんなど、いろんな方が悩んでいたということで、一般的に知っている方が多い病気ですが、治療法もいろんな情報が出回っていて、混乱している方も多いかと思います。

基本的には、アトピー性皮膚炎の方は、表皮の保湿機能が低下している状態で、保湿物質の分泌が少ない、遺伝が関係している疾患です。

ダニ・ハウスダスト・カビをはじめ、食べ物のアレルゲンも知らず知らずのうちに皮膚に侵入するので、まだ離乳食が始まってないときからアレルギーが成立することもあります。
乳児期から保湿を続けると、皮膚のバリアーが弱いところからのいろんなアレルゲンが侵入するのを防ぎ、アレルギーが成立するのを減らすことができるということも証明されています。食物アレルギーだったり、鼻炎や喘息なども減らせるというなら、やって損はありませんね!

ただ、がんばって保湿しても、やはり健常な肌よりは汗の刺激に弱かったり、体調をくずしたり、寒暖差などやストレスでかゆみがでることもしばしば。
スキンケアもしながら、皮膚科とよい付き合いができるのが一番です。

外来で、よくあるパターンなんですが、症状がひどくなってから来院、少しよくなって、時間がたってお薬が手元にない状況で症状が悪化というのを繰り返している方がいます。
上手に手元のお薬が少なくなったら来院されている方は、症状がコントロールされ、落ち着いています。アトピー性皮膚炎は、慢性の皮膚病なので、常に手元にお薬を持っている状態が望ましいです。

かゆみがひどい時は、紫外線治療のナローバンドUVBも有効です。
指先だけ、というかたなどにはエキシマライトもおすすめです。

また、当院では、漢方はよく患者さんにすすめます!体質をお聞きになってから、処方するので一概にこの漢方が、というのはありませんが、温清飲、消風散、黄連解毒湯、当帰飲子、人によっては、補中益気湯という免疫力をアップする漢方が効きます。
ぶつぶつが腕や下肢にでるときには十味敗毒湯などなど・・・。

いろんな選択肢がアトピー性皮膚炎のかたにはあります!じっくりとどの処方や治療法があっているか、確認しながら、また、必要によっては血液検査でアレルゲンの特定をし、お掃除方法を変えたり、決してあきらめずに、治療してほしいです!

我が家も二人のアトピー持ちが家族におりますので、家族同様の気持ちで治療しています。つらいことが多いですが、自分に合う方法が見つかるまで、じっくりと治療を。


posted by aoi at 16:50| 皮膚疾患について

2017年08月29日

オテズラ錠の効果

少し、暗くなるのが早くなってきましたね。
暑さも和らいでくれるとよいのですが・・・。

今年、3月1日に発売された、乾癬治療薬のオテズラ錠ですが、今、現在で、当院では6名の方に使用しています。症状はいろいろですが、今のところ、最初だけ少し便が緩くなるということはありましたが、大きな副作用はなく、順調に経過しています。

赤みや表皮のかさつきも軽減され、長い方がもう少しで半年になりますが、紫外線治療をしても抵抗性だったので、非常に満足されていますわーい(嬉しい顔)

乾癬の治療は、基本は、外用薬と紫外線治療なのですが、そのあとの一手として、オテズラ錠があるのは、心強いですね。

費用がかかるので、すべての方におすすめできるものではありませんが、生活の質QOLを阻害しかねない乾癬という病気には、治療の選択肢が増え、良かったです。

皮膚疾患は見た目にわかる病気ですので、見た目で、精神的に落ち込んでしまう方もたくさんいらっしゃいます。これからもお役に立てるように、がんばります手(グー)

posted by aoi at 17:38| 皮膚疾患について