2017年06月23日

けむし皮膚炎

雨雨が続きますね小雨

今年は、まだ、夏の暑さが鹿児島は強くないのか、割と朝晩が涼しく体調くずしやすいのか、
最近は、帯状疱疹の方が続けて何人かいらっしゃいました。

毛虫皮膚炎は、例年、5月からうんと増えるのですが、今年はぼちぼちと増えています。

さすがに、そろそろ暑くなってきますので、気を付けたいですね。

毛虫は、椿やサザンカなど、民家に普通にある木につきますので、今まで毛虫皮膚炎になったことの
あるかたは、アレルギー反応を持っていますので、ぜひ、気を付けてくださいね。


posted by aoi at 16:59| 皮膚疾患について

2017年06月09日

にきびの抗生剤の治療

暑くなってきましたねふらふらまだ、朝晩が涼しいですが、これから、梅雨のじめじめとムシムシで、皮膚疾患が増えてくる時期です。

さて、例年、にきびの患者さんは、夏場に多くなるのですが、実際は、通年で繰り返しているかたもたくさんいらっしゃいます。

当院では、にきびが慢性化している患者さんには、第一選択で、漢方薬をおすすめしていますexclamation

どうしても、即効性のある抗生剤がすぐに症状がひくので、ご希望される方もおおいのですが、
抗生剤の内服は、症状がたまに出る方や、今まで抗生剤で治療してなかった初診のかたのみ、年に2回までと限定して処方しています。というのも、抗生剤を頻繁に飲んでいると、耐性化しやすい体になるようで、年をとって、肺炎の治療などで影響が出る方もいるようですので。

また、抗生剤はその場しのぎで、いったん増えすぎたアクネ菌を減らすのには有効ですが、アクネ菌というのは、常在菌なので、生活習慣などが改善しなければ、また、再度何度でも増殖しますがく〜(落胆した顔)

慢性の炎症性の皮膚病には、漢方薬がおすすめです!
にきびをはじめ、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症など。乾癬にも効果的なこともあります。

漢方薬は、耐性化などの心配がないので、今まで試したことがないかたは、ぜひ!
posted by aoi at 10:38| 皮膚疾患について

2017年05月26日

待合室ソファーを変えました

暑くなってきましたね。
そろそろ、梅雨の時期なのですが、あまり雨が多くなく、今年は桜が咲くのも遅かったのですが、梅雨も
遅くなるのでしょうか?

さて、当院も開院10年を超え、待合室ソファーも色がそれなりに褪せてきましたので、気分一新、新しいソファーにいたしました。ピンクと黄色で、最初は目がまぶしいくらいでしたが、最近は、見慣れてきました。
また、予約制を導入してから、待合室のソファーもそこまでたくさん必要なくなりましたので、数も減らし、その分、車いすが入りやすく、空気清浄機を置くこともできました。

一気に明るくなったソファーで、また、新鮮な気持ちに戻していただき、あと10年、また続けたいなと思いました。
DSCN0814.JPG
posted by aoi at 16:22| 日記

2017年05月12日

かみそり負け

今日は午後から雨ですね小雨
徐々に梅雨に近づいていくのかなと思います。
梅雨が明けたら、夏とまた一年のいつもの周期がめぐってくるのですね・・・・。

夏といえば、お肌の露出が増える時期ぴかぴか(新しい)

皮膚科の外来では、若い女性のかみそり負けが増えてくる時期ですふらふら
かみそり負けをしやすい方は、もともとお肌の弱い方が多いのですが、強くこすっていたり、
また、かみそりの刃がたくさんついている4枚刃だったり、逆剃りをしていることが多いですね。
ボディソープをつけての処理も、皮膚に刺激があるので、乳液をおすすめしています。

せっかく、きれいに見せようとムダ毛処理をしても、赤くなっては台無しですね。
お肌に負担のないように処理してくださいね!
posted by aoi at 15:02| 皮膚疾患について

2017年04月17日

爪水虫

今日は一日、雨ですね小雨

春から梅雨の時期には、雨が多いですが、湿度が急激に上昇して、いろんなところにかびが発生しやすくなります。お風呂など水回りには、ちょっと油断したらカビが・・・・。


さて、人間の体にもカビは生えます。
皮ふ表面はもちろん、爪にも。
たまに、食道や膣などにもカンジダが生えたり、肺炎の原因菌となることもあります。

皮膚科では、爪水虫で来院される方が割と多くいらっしゃいますが、昨年から爪水虫の専用の外用薬が発売されて、非常に治療しやすくなっています。
それ以前は、内服しか治療法がなかったのですが、軽症〜中等症の方は、外用薬のみで治癒するようになりました。

今は、クレナフィン外用薬、ルコナック外用液がありますが、症状をみて、処方しています。

女性の場合、サンダルばきを躊躇したり、気になりますし、何より、まだ感染が広がったり、人にもうつすことがありますので、しっかり治療したいですね。

ぜひ、気になる方は、皮膚科受診を(^^)/
posted by aoi at 14:55| 皮膚疾患について

2017年04月10日

にきびの治療

あたたかい日も増えてきましたが、雨が一日降る日は、なんだか少し肌寒いですね。

にきびの治療は、ここ7年くらいで、ずいぶん、変化しました。

にきびといえば、一昔前は、青春のシンボルなどと言われましたが、食生活の欧米化によって、にきびが多発して、重症化する方も増えてきたように思います。

それに伴って、にきびの薬も増えました。アダパレン、過酸化ベンゾイル、そして、その合剤と。
過酸化ベンゾイルは、2種のタイプのお薬がでましたが、やや基材に差があり、比較的マイルドなタイプと
刺激が若干強いけれども作用も強いタイプと。女性と男性で使い分けていることが多いですね。

また、内服薬は、何度も繰り返す方には、漢方薬がおすすめです。
これは、男性女性限らず、タイプによってさまざまですが、漢方薬の効果は絶大です。

とはいえ、生活習慣が一番大事です!洗顔や食生活、睡眠など、一人ひとり、悪化する原因が違うようです。

軽いから、といって受診をあきらめず、軽いうちに痕を残さないように、治療にいらしてくださいね。
posted by aoi at 15:00| 皮膚疾患について

2017年04月04日

日曜当番医でした

朝はまだ冷えますが、今日は、あたたかいですねかわいい
これから少しずつあたたかくなってくると思いますが、鹿児島の場合、あたたかい→暑い!に変わるのが速いですよね・・・。

一昨日は、鹿児島市医師会輪番の当番医でした。
最近は、帯状疱疹の方が多いのですが、帯状疱疹はもちろん、水疱瘡のかたもいらっしゃいました。
また、やはり、やけどやけがなども。けがの場合は、外科でもよいのですが、皮膚科にこられるケースもあります。

次回は、夏の7月の当番医ですので、きっと大忙しだろうと職員と話しています。

また、その時には、体調をととのえて、望みたいなと思います目
posted by aoi at 16:36| 日記

2017年03月29日

昨日は10周年でした(^^)/

今日は、雨が降る予定ですね。寒い日が続きますが、春らしい日がくるのが待ち遠しいですね。

昨日、ついにあおい皮膚科10周年となりました。
長いようで短いような・・・。そんな複雑な気持ちもありますが、昨日は、とてもお天気もよく、
晴れ晴れとこの日を迎えることができましたぴかぴか(新しい)

10年前の3月28日に来院されたかたがいらっしゃって、あれから10年です、と伝えると、
もうそんなになったんですね、としみじみとされていました。

いつも、クリニックにかかわっている業者の方からもお花や電報をいただき、大変にぎやかに、楽しい
1日でした。今は、クリニックがお花が飾られていて、華やかな雰囲気です黒ハート

これからもあと10年は、がんばらなくちゃと思う一日でしたわーい(嬉しい顔)

posted by aoi at 12:48| 日記

2017年03月16日

国道側の椅子の置物

IMG_0771.JPG

今日は、まだ冬のような気温で、寒いですねふらふら

春がまちどおしいです(*^_^*)

さて、いつも、この時期には、当院国道側の椅子の置物のデコレーションをリニューアルしていただいているのですが、今年も、en mo yukariさんにリニューアルしていただきました。

ハートが10個黒ハート
なんと、今年は3月28日であおい皮膚科クリニックは10周年なんでするんるん

10年というのは短いような長いような・・・。
また、次の10年目指して、頑張りますexclamation×2
posted by aoi at 10:56| 日記

2017年03月10日

乾癬の新薬

今日は、お天気が良いですね晴れ
ただ、気温差は相変わらず大きいので、まだまだ、体調に気を付けたいですね。

3月1日に、乾癬の新薬が発売されました。

オテズラ錠という、内服薬です。

乾癬は、軽症の方も多いのですが、徐々に体中に拡大したり、頭皮の症状などはお薬が効きづらい方もいらっしゃるので、朗報です。今までは、開業医で処方できる内服薬は、免疫抑制剤という、強いお薬で、長期投与によって、感染症のリスクや発がんの問題もあるので、よっぽどの場合に限っての処方でしたし、お薬のモニタリングのための採血も必要でした。
今回は、炎症の過剰反応を抑えるタイプのお薬ですので、発がんなどの心配もなく、非常に有用と思われます。

一番気になるのは、費用ですが、3割負担の方で、2週間分が8,000円ほど。
しばらくは新薬扱いですので、2週間に一度の診察が必要です。
気になる方は、ぜひ、製薬会社のホームページ、チェックしてみてください↓




posted by aoi at 15:54| 皮膚疾患について